FC2ブログ
French | English

高城染工 TOKYOブログ

NOMADLAND







私がこの映画を見に行った時は

まだアカデミー賞のノミネートに選ばれたばかりの時で、

上映初日になるべく空いてるシネコンを

選んで府中のシネコンで観て来ました。







ちょうどその時私のアトリエの

外装補修工事が真っ只中で 

真上のベランダや壁からのドリルの音、

塗料を剥がす鼻にくる匂いで、

部屋の中には居られず、

近くの公園や、図書館で時間を潰したり、

蔓延防止期間の東京で 出かける所もなく

沈んだ気持ちの時、

まるで今の私みたいに

落ち着く居場所のないシルバーの女性の映画だと

気になっていました。


その時はまだ アカデミー賞にノミネートされただけで

アジア系の監督の作った、地味なこの映画が

グランプリを取るとは思ってもなかったけど 

見終わった後もずっと心に残る

すばらしい映画でした。


ご主人の死、働いてた会社と、住み慣れた街の崩壊。

そして自宅を全てを清算して 

中古のキャピングカーを手に入れ

「ノマドランド」 流浪の民と呼ばれる

移動生活を始める60代後半の女性を

フランシス・マクドーマンドが、

壮大なアメリカの西部をタフに生きる

キリリとした一本筋が通った強さを演じ、

途中 お金を稼ぐ為に、

Amazonの配送センターでの季節アルバイトしたり

自然公園の掃除をしたりしながら 

キャンプ場で知り合う人以外は 

殆ど孤独との戦い。

荒々しい過酷な自然の中で

この先いつまで移動生活ができるかも判らない。

そんな彼女の貫く芯の強さは 

私の持ってない物だけに

余計に心を揺さぶられ、深く感動しました。


今は、前回の緊急事態宣言より

もっと厳しい措置で感染者を減らす為

デパートも図書館も公園も閉まり、

誰とも会えないし、ランチもおしゃべりも出来ない。

それを寂しいと思ってる私にこの映画は 

ガツーンと一石もニ石も小石じゃなく

岩を投げてくれたみたいでした。


緊急事態宣言の今は

東京のシネコンは全て閉館ですが

無事に開館となったら 用心して 

安全に気をつけて是非観てみてください。

そして今は、ワクチン接種が一日も早く、

スムーズに出来たらと期待してます。


感染者が増えてきているみたいなので、

皆様がどこに住んでいたとしても、

どうか気を抜かずに過ごしていきましょうね!







春の色、そしてイベントスケジュール








どんな年にも春はやって来ますね。

眩しい位の春の日差しに、

あれよあれよと桜も咲き始めました。


この様子では東京の桜は

三月中で満開を迎えるみたいです。

自粛がやっと終わり、それでも 恐る恐る、

必要な外出を急いで済ませて 

楽しみを極力控える暮らしの中で

少しずつオシャレ心も芽生えて来たら 

嬉しい事だと思います。


そんな時にまだまだ春は遠い北海道の旭川に

ステキなセレクトショップが4月3日にオープンします。

若くて可愛いいオーナーが私達の服を

児島と東京アトリエから選んで下さり

開店初日より店頭に飾ってくれます。





708号室 

旭川市7条通8丁目38-1
OPEN 11:00~18:00
CLOSE 水曜日


お近くの方が早くオープンしないかと

そわそわしながら待ってらっしゃるみたいで

待ちに待った短い北海道の春から夏を、

私達の服で満喫してくだされば嬉しいです。

北海道には親戚も知り合いもほぼ居ないのですが、

旭川周辺の方がいらっしゃいましたら、

応援よろしくお願いいたします!



ほぼ一年間、 あまり色のついて無い暮らしに

少しずつ彩りが戻ってきて 

やっと嬉しい春の兆しが見えて来たようです。

スキップまでは出来なくても

時には部屋の鏡の前でマスク外して 

春に着たい服をクローゼットから出して

組み合わせしたりして

一人着せ替えごっこしながら楽しみましょうね。

私の今年のデパートでのイベント予定は

銀座三越 
6月2日~15日
7階ジャパンエディション

松屋銀座
7月21日~27日 
7階 和の座ステージ


昨年はデパートでのイベントが出来なかった分、

今年は無事に開催されて

皆様のお顔にお目にかかれたら

どんなに嬉しいかと思っております。

それまで 体調管理して、

皆様に手に取って貰える服作り頑張ります!







レトロでビンテージ






三寒四温の頃、日差しはすっかり春なのに

部屋の中はまだ 寒いですね。


梅の花も昨夕からの雨で花吹雪でかなり散りました。



今、私のアトリエのある 14棟からなる低層

マンションが大型補修工事に入り、

紫木蓮も白木蓮も、

足場の鉄筋を黒いカバーに覆われて

せっかくの春の庭木の花も

黒幕越しに蕾の開花を眺めています。 

 

50年近く経て何度か目の補修。




レンガのヒビや、屋上やテラスの雨漏り、

目地の汚れなどを約半年掛けて 

1970代の当時の煉瓦の色、

そっくりに戻す大がかりな工事。

夏には 終わります。

春の穏やかな日々が

若い植木屋さんや足場を組む職人さんの声、

工事の車両の出入りで賑やかな毎日です。


後二週間延長された東京の街で、

外でのランチもお茶も友人とは出来ない

自粛期間の私のお気に入りは 

もっぱらBaking!

古いオーブンを友人から譲りうけ、

これ又.何年もっと前に子供達に焼いてた 

バウンドケーキのレシピを思い出しながら焼いてます。

こんな古いガス台に直接乗せて直火型のオーブン

珍しいでしょう?








どうぞ落ち着いて遊びに来れる頃になったら 

もっと上手に焼けるであろう私のケーキを

食べに是非来てくださいね。

最近の私は、時が50年スリップしたみたいな

レトロなライフスタイルを送っています。

プロフィール

organic blue

Author:organic blue

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
高城染工 藍染

高城染工場

東京都杉並区浜田山3-35-1 ライブタウン浜田山1104 [ TEL ] 03-5913-9727

Copyright © 2021 高城染工 TOKYO ブログ All Rights Reserved.