FrenchEnglish

高城染工 藍染

なごり雪




井の頭線沿線には大学が多く

この時期はちょっと出掛けると

卒業式に向かう学生さんを

よく見かけます。

駅のホームでも 電車の中でも

その周りは華やかな花束と

袴と涙と歓声が入り混じって

心の奥でひそかにエールを送っています。

まさに今日の関東の雪は

伊勢正三の 「なごり雪」にある歌詞に

ぴったりのタイミング!

桜の開花と 冷たい雪で鼻の奥がキューン!

私のアトリエの目の前に大木の白モクレン。





玄関の前には桜の大木。

まさに開きかけのつぼみが

雪で冷えてしまい、開くのが遅れそう。







この月末28日から始まる浦和伊勢丹での

催事に向けて パッチワークのスカートや

パンツが 完成!





早めに準備して お花見には行かなくちゃ!

と、春分の日なのに、ストーブを焚いたアトリエで

どんどん降ってくる雪を窓際で眺めています。




秋の手仕事




穏やかな日差しの中で

晩秋を感じながら

ほどきものや リメイクをしてます。

先日は 短めのパッチのプルオーバーを

夏の間は ティシャツがわりに着て 

冬場はベストにして腰も隠れる丈に と 

お客様に頼まれて 直しました。





15センチ長くなり 能登の寒さの中で 厚い 

タートルセーターの重ね着で 重宝してると

喜んでくださいました。

袖を付け足したり ワンピースをチュニックに

リメイクしたり 窓辺に座って 秋のつるべ落とし

の陽の短かさを感じながらの 好きな作業に

時間忘れて没頭してます。



ウールスカーフもこれからの季節に とても

重宝するので 染め上がりのウールの生地を

房を作り 製品に仕上げています。

温かい 飲み物と ピーターバラカンさんのラジオ

を聴きながらまだまだ 作業は続きます!

梅雨が明けたら着たい服


いよいよ梅雨も後半になってきました。

大雨を警戒しないといけない地域と水不足が心配される地域とありますが、

ムシムシとした梅雨、気分だけでも軽やかにしたいですね。

この春から初夏にかけて、東京と大阪のデパートの展示会で

人気がありすぐに売り切れた商品が、

このシーズンに間に合うよう出来上がりました。

6-25e.png


表地が麻で、裏地がオーガニックコットンの

富士吉田の機屋さんで織られたダブルガーゼのワンピース。 

肌触り抜群で、適度な布の重さもあり、ラインがとてもキレイです。

色は生成りと、藍の2色です。

6-25a.png


私のライフワークの藍布のパッチワークシリーズ、

たっぷりスカートも追加で出来上がりました。

タンクトップは楊柳の生地。 

6-25d.png


デニムのサロペットは、数年前作っていたのですが、

今年のサロペットブームの影響か、

また最近になって人気が出てきてます。 

6-25b.png


こちらは受注生産にてオーダーを受けております。 

↑申し訳ございません。受注のオーダーは終了致しました。

6-25c.png

どうぞお気軽にお問い合わせください!
プロフィール

organic blue

Author:organic blue

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
高城染工 藍染

高城染工場

東京都杉並区浜田山3-35-1 ライブタウン浜田山1104 [ TEL ] 03-5913-9727

Copyright © 2018 高城染工 TOKYO ブログ All Rights Reserved.