FrenchEnglish

高城染工 藍染

農家のバックはフランス産


今回はエコバックの紹介を兼ねて、私の大好きな農家さんの紹介です。

旦那の実家のあるNY州北部は、とってものどかな田舎町で

春から秋までは色んな場所でファーマーズマーケットがあり

農家さんから直接色んな物を買うことができます。

特に、春のトウモロコシ、秋のリンゴとパンプキンは最高です!

数ある農家の中でも、両親が連れて行ってくれたBlooming Hill Farm

という農家のシステムが素晴らしいのでちょっと紹介。 

CSA (Community Supported Agriculture)

と言って、地元の人達が農家をサポートして、そのお返しに

農産物が返ってくるというシステムです。

現金収入の少ない農家では、経営するのにはどうしても

どこかで現金を得なければ続けていけません。

そこで、このシステムを使えば、毎年決まった現金が入って

返済は現金ではなく、その季節の美味しいお野菜という訳です。

たとえば、年に500ドルをこちらの農家に払っていれば

550ドル分の農産物を好きな時に好きなだけもらいに行けるのです。

お互いにとって何の損失もないシステムですよね!

ベジタリアンの旦那を持つ私としては、本当にこのCSAには助けられました。
 
オーガニック農家で長年地元に根付いてるこの農家さんは信頼度が高いのも

CSAを申し込む上で重要なポイントです。

こんな所なんですが、すべてが素敵で、うっとりしませんか?

blooming hill

blooming hill2

blooming hill3

夏の間はレストランにもなってます。

あと、結婚式をする事も出来るらしく、とにかく素敵な写真ばかりなので、

是非ともこっちから見てくださーい! 

http://www.bloominghillevents.com/



そうそう!! エコバックの紹介でしたよね!!

マンハッタンからも2時間離れていて周りになんにもない場所なんですが、

ここのエコバックはフランスのマルシェから取り寄せてる

こちらのバックなんです。 こだわってるでしょ~!!

net bag


1800yen + tax

編み上げのバックで2色あって、お客さんのほとんどがこのバック持参

で買い物をしてました。 私もリンゴを2個入れて撮影してみました。

もう何年も前から、こちらではこのエコバックだったらしいのですが、

最近になってNY近代美術館(MOMA)のお店にも

このバックが売られてるらしいですよ。 

この農家さんのHPでも紹介されてるんですが、こちらから野菜を

取り寄せて使っているレストランのレベルもすごく高いんです。

マンハッタン、ブルックリンの有名所のレストランやビストロの名前が

ずらっと並んでいます。 すごいですよね! 素晴らしい! 

夏には雑貨やパンやスイーツも売ったりしていて、これまた近所の

小さな雑貨屋さんとかが可愛い物を売ってます。 

ここで買った物で、エコバックではないのですが、

ついでにご紹介。

パッと見た感じ、全粒粉のパンに見えるのに

可愛いコルクのコースターなんです。  

coaster.jpg


6枚入り 800 yen + tax

美味しそうでしょう? 

NY州では田舎の農家とは言えども、センスの良さはさすがニューヨーカー!と

毎回行く度にインスパイアされてます。 

コメント

非公開コメント

ステキ!

あやさん…とってもステキなところのアップありがとうございます☆彡風景の気に入りがありましたのでスケッチします~。エコバックは青いほうがいいな(´▽`)ノ

Re: ステキ!

アイリス 様

コメントありがとうございます。
長くなりましたが、これで一通りエコバッグの紹介は終わりました♪ 伝えたい事が多くてどうも文章が長くなってしまいました! 気に入っていただけた写真もあったようで、私も嬉しいです。読んで頂きありがとうございます!その上、御注文もありがとうございます☆
プロフィール

organic blue

Author:organic blue

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
高城染工 藍染

高城染工場

東京都杉並区浜田山3-35-1 ライブタウン浜田山1104 [ TEL ] 03-5913-9727

Copyright © 2018 高城染工 TOKYO ブログ All Rights Reserved.