FC2ブログ
FrenchEnglish

高城染工 藍染

ヨーロッパ、アート編1



寒い、寒い、と毎日過ごしている内に、やっと3月になりました。

今年の桜の開花は早いそうなので、

寒い日々も、あと少しでしょうか。

まだ寒い間に、冬のヨーロッパ旅の

続編を更新しておきます!

食べ歩きだけだと思っていた皆様!

それだけではなかったのですよ(笑)

ちゃんと、芸術鑑賞してきましたからね! 

今回の旅のハイライトは、何と言っても

バチカン美術館にあるシスティーナ礼拝堂です。

ずっと前に予約を入れておいたら、

たまたま予約をしてる日に、ローマ法皇がシスティーナ礼拝堂を

午後から使用する事になったらしく、

午前中だけしか入場を許可しない為に、噂

に聞いていた大混雑を避けることが出来ました♪

バチカン美術館の入り口はこんな感じで、

ローマ側から入って行きます。

壁の向こうは、バチカン市国になります。



入ってすぐに、この有名な螺旋階段があり感動!



まずはシスティーナ礼拝堂に向かって

歩き始めるのですが、礼拝堂に続く道も

まるで宮殿のような装飾と絵画に魅せられて

なかなか進めませんでした。



電話をしてるんではないのですよ。

音声ガイドで、天井画の説明を聞いてるのですが、

このペースで進んだら、閉館に間に合わないので、

音声ガイドは諦めました。

ついにこの先にシスティーナ礼拝堂の

入り口が見えて来ます!



システィーナ礼拝堂には、4人程しかいなくて、

ゆっくりのんびりと隅から隅まで、

ミケランジェロのフレスコ画に見入る事が出来ました。

礼拝堂なので、撮影が禁止でしたが、

絵葉書を写真に撮ってみました。



今現在でも、礼拝堂として使用されいるからか、

空気がピリッとしていて、

美術館の他の部分とは全く違う感覚でした。

ルネサンス時代に、カトリックや教皇がどれだけ力を持っていたか、

このフレスコ画にミケランジェロが注いだ

エネルギーを感じるだけで、よく分かります。

今思い出しても、夢のようなひとときでした☆

他にも、ルネサンスを代表する画家、

ラファエロの絵画や、フレスコ画も必見。

このエリアは本当に誰もいなく、私達しかいない空間で、

本物のラファエロの作品と向き合えるなんて、

贅沢の極みでした!





またシスティーナ礼拝堂を通り、

サン・ピエトロ大聖堂へと抜ける通路を進み、

見たものが、これまた想像以上のベルニーニ作の祭壇。



これだけでなく、全てにおいて豪華な大聖堂。

さすが、カトリックの総本山です!

この頃には、感覚がマヒしてきて、ため息も出なくなって、

究極のバロック空間を堪能しました。

観光地だけではなく、普通にミサも行われている為、

神父様もウロウロされていました。



バチカン近くのお店では、

イケメン神父ベスト12のカレンダーが売り出されていて、

迷わずイケメン好きなお友達へのお土産に購入。

私もそのお友達も、9月のアントニオが

一番のお気に入りとなりました(笑)



と、アート路線を外れてしまいましたが。。。

長くなりそうなので、次に続きます!

コメント

非公開コメント

システィーナ礼拝堂は荘厳ですね。
とても素晴らしい写真ありがとうございます。
いつか、バチカンに訪れてみたいです!

Re:

らっこ様

コメントありがとうございます^_^
読んで頂き、コメントまで書いて頂き、嬉しいです!
是非とも、バチカンを訪れて見てみて下さい!!
私も想像以上の感動を味わいましたので、お薦め致します

曜日のないカレンダー

9月のアントニオ、良かったわね。
でも今飾っている三月の神父様も可愛いわよ。
お口がちょっとだけ開いてて、童顔で、どことなくあどけなくて。
モノクロだから判然としないけれど、きっとオメメの色も素敵なんでしょうね。
見ているだけで、あなた、残り少ない清らかな心が、あっと言う間によこしまになってしまいそうよ。
色んな意味で懺悔に行きたくなってしまうわ!
というか、あのカレンダー自体が罪深いゲイ術品よね。
紙面の大半がイケメン神父様の写真で占められていて、日付の数字は添え物程度にグルリに書かれているだけなんですモノね。
曜日なんて書かれてなくて、ただ、下の方に数字がザーって感じでやる気なく書かれているだけって、確信犯でしょう!
未だ行った事のないバチカンに、そんなこんなで熱い思いは日々募っている今の私よ。
本当、曜日のないカレンダーほど罪つくりなカレンダーはないわね。

Re: 曜日のないカレンダー

マスター様

コメントありがとう!!
イケメン好きなお友達直々のコメント、反応してくれて嬉しいです(笑)本当に、カレンダーとはタダの言い訳で、ほぼカッコイイ神父様を眺めるだけのポスターだね☆
来年はそのカレンダー、どこで入手しようか、今から悩ましいです。アマゾンじゃ売ってないだろうし、、、。
またこの問題については打ち合わせしましょう^_^
プロフィール

organic blue

Author:organic blue

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
高城染工 藍染

高城染工場

東京都杉並区浜田山3-35-1 ライブタウン浜田山1104 [ TEL ] 03-5913-9727

Copyright © 2019 高城染工 TOKYO ブログ All Rights Reserved.