FC2ブログ
FrenchEnglish

高城染工 藍染

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨーロッパ、アート編2




次に楽しみにしていたのは、

オランダの画家、

ヒエロニムス ボス (Bosch)の美術館。

彼も、ルネサンス期の画家なのですが、

ダヴィンチやミケランジェロとは、全く違い、

奇想天外なアート作品を残しています。

ただ、あまりにも謎の多い画家なので、

悪魔のクリエイターとか、宇宙人だったのではないか、とか、

未来からタイムスリップして来た画家、

などと言われるのも理解出来る作風なのです。

アムステルダムから電車で1時間半、

彼の故郷であるデンボスと言う小さな町に、

ヒエロニムス ボス アートセンターがあります。

教会をそのまま美術館にしていて、

ボスの世界観にぴったりです。



これが、私のお気に入りで、

彼の最高傑作だと勝手に思っている「快楽の園」。



三面鏡のように、閉じると「天地創造」の絵が現れます。

開けると、

左手が天国、右手に地獄の様子が

ボス独特の解釈で描かれてます。



15世紀の作品に触れるなんて?と思いますよね。

こちらはレプリカで、本物はスペインのプラド美術館にあります。

いつか、スペインまでこの絵を追いかけて行かなくては!!

とにかく、まぁ、すごい作品です。

もしも細部が気になった方は、是非とも

「ヒエロニムス ボス」「快楽の園」で

検索してみてください。 度肝を抜かれますよ。

bosch.jpg


最後に行った、ブリュッセルのベルギー王立美術館では、

ルーベンスのこの素晴らしい作品を堪能。

ラファエロとは違う、肉厚で迫力のある宗教画でした。



そして、一目惚れと言うか、

何故かとっても目を引いた油絵がこれ。



なんでこんなに気になるんだろう?と思って、

帰国後に調べてみたら、

私の大好きな、スタンリー キューブリック監督の、

「バリーリンドン」のあるシーンに、

この絵からインスパイアされたシーンがあるとの事で、納得。

この絵の時代背景や、

アーティストの生い立ちなどは知らなくても、

多分、この絵の世界観が一瞬にして虜になる程、

私の好みなんですね。

好きな物がリンクした瞬間でした!

アート編、長くなりましたが、完結しました。

最後に。。。

最近知ったのですが、今年の夏に、

ボスや同じ頃の時代の少し奇妙なアート作品の

展覧会が渋谷の文化村であるみたいなので、

とっても楽しみです。 

この頃の、一風変わった、ヘンテコアートに興味のある方は、

是非ともオススメですよ!

コメント

非公開コメント

プロフィール

organic blue

Author:organic blue

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
高城染工 藍染

高城染工場

東京都杉並区浜田山3-35-1 ライブタウン浜田山1104 [ TEL ] 03-5913-9727

Copyright © 2019 高城染工 TOKYO ブログ All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。